IPL脱毛とSSC式脱毛の違い|VIO脱毛回数効果ナビ

MENU

 

脱毛エステで使われている脱毛器は光脱毛(またはフラッシュ脱毛と呼ばれることも)なんですが、その中でも、いくつかの種類があります。

 

人気なのは、SSC式脱毛やIPL脱毛です。

 

これらの違いはどのような点にあるのか解説してきましょう。

 

SSC式脱毛について

VIO脱毛

SSC式脱毛とは、スムーススキンコントロールの略で、イタリアのDEKA社が日本人向けに開発したものです。

 

DEKA社は、美容外科を中心にさまざまな医療分野のレーザー技術を提供している会社です。

 

そのDEAK社が開発したSSC式脱毛は、ジェルと光の相乗効果によって、発毛を抑制する肌への負担がない優しい脱毛であるのが特徴です。

 

VIO脱毛

施術時に塗布するジェルには、フィリニーブと呼ばれる抑毛成分が配合されています。

 

脱毛器から照射される光の温熱によって毛穴が開き、そこからジェルの成分が浸透して発毛を抑えます。

 

この成分自体がとても冷たいので、高温の光の熱さや痛みをほとんど感じることなく施術を受けることが可能です。

 

また、フィリニーブには、ムダ毛の発毛を抑えるだけでなく、美肌効果もあり、肌荒れなどを鎮静してくれる効果にも期待できますし、脱毛の施術による肌荒れを予防することもできます。

 

このSSC式脱毛を日本で採用しているのが、ミュゼプラチナムと脱毛ラボです。

 

初回キャンペーンがとにかく安いのが特徴のミュゼプラチナムの口コミレビューはこちら

 

月額制で全身脱毛がはじめられる脱毛ラボの口コミレビューはこちら

 

IPL脱毛について

VIO脱毛

IPL脱毛とは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)の略で、特徴は広い範囲で光が照射され、その光のエネルギーが毛根のメラニンに働きかけることによって、脱毛を促します。

 

脱毛する部位にジェルを塗布することによって、光が吸収しやすい状態にします。痛みは、個人差や部位によっても異なりますが、一般的に言われるのが、輪ゴムをパチンと弾いたくらいの痛みです。

 

もともとIPLは、ニキビ跡や毛穴の引き締めの改善や美白ケアなどの美肌づくりを目的に使われていたエステ機器でした。

 

そのため、脱毛効果だけでなく美肌効果にも期待でき、痛みもレーザー脱毛のより感じないので顔脱毛にもおすすめされています。

 

IPL脱毛を採用しているのが有名なところでは、銀座カラーがあります。

 

赤ちゃん肌脱毛で有名な銀座カラーの口コミレビューはこちら

併せて読まれている記事

ブラジリアンワックスを使って自宅で脱毛する方法
アメリカでは一般的に行われているデリケートゾーンの脱毛方法「ブラジリアンワックス」を自宅でする方法やデメリットについてご紹介しています。
ハイパースキン脱毛の仕組みと効果
デリケートゾーンの脱毛に人気のハイパースキン脱毛の仕組みについてご紹介しています。
VIO脱毛が自宅でできる家庭用脱毛機
脱毛サロンに通う時間がない、なかなか希望日時の予約が取れない、他人に見られるのが恥ずかしいという方にオススメなのが家庭用脱毛機です。
VIO脱毛 レーザー脱毛の体験談
VIO脱毛の脱毛方法の1つに医療クリニックで受けられるレーザー脱毛があります。レーザー脱毛の体験談を紹介しています。
VIO脱毛を自分出する方法とは?
VIO脱毛を自宅で自分でする方法を紹介しています。
医療レーザー脱毛機の種類とその特徴
脱毛エステの光脱毛よりも脱毛効果が高いと言われる医療レーザー脱毛は、クリニックのみで受けられる施術。医療レーザー脱毛器の種類とその特徴を紹介しています。
リューゼクト アンダーヘアの脱毛に効果あり?
ムダ毛処理の前後に使用するリューゼクトは、デリケートゾーンのムダ毛処理に効果はあるか?商品の特徴や口コミをまとめてみました。