自宅でのVIO脱毛の危険性|VIO脱毛回数効果ナビ

MENU

 

デリケートゾーンのムダ毛処理、あなたはどうしていますか?

 

自宅でデリケートゾーンの毛の処理をするには、

  • カミソリでの剃毛
  • 除毛クリーム
  • 脱毛ワックス
  • 家庭用脱毛機

などが挙げられます。

 

他人に陰部を見られるのが恥ずかしいと、自宅で処理をする人もいますが、それぞれに危険性があります。その危険性について紹介していきますね。

 

カミソリでの剃毛

VIO脱毛

VIO脱毛専用はもちろん、Vライン、Iライン専用のカミソリも販売されています。

 

比較的安全に剃毛できそうですが、やはり皮膚を傷つけたり、デリケートゾーンだけでなく手に傷を負ってしまう場合もあります。

 

また、剃毛を繰り返していると、それだけ皮膚へ摩擦という刺激を与えているので、肌はくすみ、だんだんと黒ずみへと色素沈着してしまいます。

 

ひどくなると、皮膚が固くなってしまうこともΣ(゚д゚lll)ガーン

 

色素沈着してしまうと、度合いによっては光脱毛、レーザー脱毛も受けられなくなります。カミソリでの剃毛をしているなら、今すぐ中止しましょう。

 

除毛クリーム

除毛クリームのほとんどがアルカリ性の薬剤を含んでいます。

 

その薬剤が毛のタンパク質に働きかけて毛を溶かします。いくら敏感肌向けに販売されているものでも、このアルカリ性の薬剤は肌に刺激を与えています。

 

毛だけでなく、肌も同じタンパク質でできているので、皮膚に影響があるのは当然です。

 

顔やデリケートゾーンへの使用は避けるよう指示のある除毛クリームもあります。それだけ、皮膚への刺激が強いということです。

 

無理に使用して、炎症を起こすと大変です。

 

炎症を起こすと、免疫力も低下して感染症にかかりやすくもなるので、除毛クリームの使用はオススメできません。

 

脱毛ワックス

カミソリや除毛クリームに比べて、毛が生えてくるまでの期間が長いため、自己処理をする回数を減らせると、ワックスを使う人もいますね。

 

シートに粘着液が付いていて、皮膚に貼って剥がすもの、蜜などの天然の原料で作られた液体のワックスを塗って、シートを貼って剥がすタイプのワックスがあります。

 

これを自宅ですると、場合によっては、皮膚も一緒に剥がれてしまう危険性もあります。

 

肌荒れや炎症、埋もれ毛、毛のう炎などの原因にもなるのでオススメできません。

 

また、かなり痛みを伴うので、毛が密集しているデリケートゾーンの脱毛には、痛みの覚悟が必要です。

 

家庭用脱毛機

家庭用脱毛機のほとんどが光脱毛なんですが、光脱毛の光は黒いメラニン色素に働きかけて脱毛を促します。

 

そのため、色素沈着して黒ずんだ肌への照射はできません。

 

家庭用脱毛機のメーカーによっては、IOラインへの照射は、そもそもできないとしているものもあるので、お持ちの脱毛機の取扱説明書をよく読むようにしてください。

 

もし、注意がなくても、自分のデリケートゾーンの皮膚の色を自己判断によって照射してしまうと、やけどなどの原因になり危険です。

 

デリケートゾーンの光脱毛は、やはりプロにお任せするのが一番です。

 

デリケートな部位だからこそ安心して施術が受けられる脱毛サロンを!ここにお試しキャンペーン中の脱毛サロンを紹介しています。

 

 

 

 

 

 

併せて読まれている記事

Iラインシェーバーの口コミと正しい使い方
デリケートゾーンのカミソリ負け 痒みや痛みの対処法
デリケートゾーンをカミソリで剃ったときに生じる痒みや痛み。それってカミソリ負けではありませんか?カミソリ負けの対処法をご紹介しています。
トリアでビキニライン脱毛!自宅で本格レーザー脱毛
自宅で本格的なレーザー脱毛ができるトリアの紹介。ビキニラインを手軽に脱毛するなら、トリアがおすすめです。
脱毛クリームでのデリケートゾーンのムダ毛処理の危険性
デリケートゾーンへの脱毛クリームの使用は安全か?そもそも脱毛クリームとは?そして、その危険性についても紹介しています。
ケノンでVIO脱毛するときの注意点
ネットで一番売れているという家庭用脱毛器 ケノン。デリケートゾーンの脱毛も可能ですが、VIO脱毛を自宅でするには注意が必要です。ケノンでVIO脱毛するときの注意点も紹介しています。